キハラ株式会社
>ホーム >会社案内 >環境報告書
会社概要
経営ビジョン
沿革
環境取り組みについて
環境報告書
プライバシーポリシー
採用情報

 

キハラ株式会社 環境報告書 2016年9月版

キハラ(株)ISO事務局
キハラ株式会社経営第30期( 2015年7月〜2016年6月 )の環境パフォーマンスと主要な目標値の達成状況を下記の通り報告いたします。
  1. 使用電力量削減(30期目標は、28期実績を維持します)
    28期年間使用電力量151,360 KWHに対して、30期年間使用電力量は150,022 KWHで0.88%を削減しました。
    本社(千代田区)及び商品センター(越谷市)それぞれに設置した監視装置により使用電力の設定上限を管理しています。



  2. 環境資源(事務用紙)の節減(30期目標は、28期実績を維持します/A4換算)
    28期実績 391,161枚に対して、30期実績は375,542枚で3.99%削減しました。
    日常の事務用紙の使用にも最大限の削減努力を払い、28期実績を維持しました。

  3. 排出量の節減(30期目標は、28期実績を維持します)
    28期実績13,051kgに対して、30期実績は18,084kgで27.83%増加しました。主な要因は、30期7〜8月に商品センターにて5年間保管されていた試作品、不良品の一括廃棄を実施したことによります。今後は、毎年7月に定期的に試作品、不良品の処分を行い、一度に大量の廃棄物が出ないようにします。

  4. 梱包財の使用量の低減(30期目標は、28期実績より低減します)
    28期梱包材購入額3,005千円に対して、30期梱包材購入額は3,283千円でした。
       手順書に従って梱包は行われました。若干の購入額増加は原材料の値上分で、ほぼ28期の実績を維持しています。  

  5. グリーン購入法適合商品の開発(30期目標は、15点以上のグリーン購入法適合商品を開発します)
    目標に対し、25点の商品の改良・開発を行い、目標を達成しました。

  6. グリーン購入法適合商品を図面に織り込む(30期目標は、新規案件提案時にグリーン購入法に適合した商品の織込みを行います)
    目標に対し、94件のグリーン購入法適合商品を図面に織り込み、目標を達成しました。

  7. 大気汚染防止(返品数低減活動)(30期目標は、28期実績を維持します)
    28期実績262件に対して、30期実績は244件でした。
     30期は、返品の中でも発生頻度の多い注文ミス(お客様都合の返品)対策として、新版「返品受付表」を作成しました。これにより、これまであいまいであった注文ミスの理由を確認して、安易な返品の削減や、商品の改善につなげられるような取り組みを行いました。
     運用は、試験運用として、主要なお客様を対象に5月から始め、31期7月から本格導入します。  

  8. 廃棄物の有効活用(ペットボトルキャップを10,000個以上回収し、NPO団体に寄贈する)
    年一回、キャップを回収し「世界の子供にワクチン購入の資金を送る活動」を行なっているNPO法人に寄贈している。今期は2015年12月から2016年12月までに回収した25kg(数量換算約10,000個相当)を回収し、NPO法人に寄贈しました。

  9. システム保守に駆けつける回数の削減(保守の出動回数を記録し、顧客へ駆けつける回数を削減する)
    30期までは記録をとるだけの活動です。

  10. 在庫金額の適正化(30期は在庫金額を28期比2%削減する。在庫金額を集計し、適正在庫を分析する)
    30期の在庫金額は、28期実績を維持している範囲でした。

その他、2015年7月から2016年6月までの1年間(30期中)に苦情を含む近隣・利害関係者からの外部コミュニケーションはありませんでした。また、2016年5月16日〜25日に内部監査を実施し、6月2日報告にて指摘事項2件が不適合であったため対応しました。法的要求事項は遵守されています。
登録番号:JSAE663

以上



ホーム | 商品情報 | 出版情報 | 設備事例 | ダウンロード | リンク | 会社案内 | お問い合わせ サイトマップ | ご利用条件 | プライバシーポリシー
 copyright(c) Kihara Corp. All Rights Reserved.