キハラ株式会社
>ホーム >商品情報 >図書館管理システム>ELISE-Egg
製品ホーム
Eggとは
新機能
機能一覧
サポート
価格
Egg3体験版
Egg会員専用サポートページ

会員登録についてはこちら
title_new.png
お客様からのご意見をもとに、新機能を追加しました。

◆最新版で追加された機能
Eggの最新版、及び、OPACなどのオプションソフトは、Egg会員専用サポートページよりダウンロードできます。

Androidスマートフォン用の蔵書点検アプリ

Androidスマートフォンに専用アプリをインストールして蔵書点検を行うことができます。

  • Eggよりエクスポートしたデータを使用して、読み取った資料のタイトル・著者名・請求記号・配架場所が表示されます。
  • 読み取った時点で、未登録/未返却/除籍/配架違い/点検対象外をチェックし、サウンドやバイブレーションで通知します。
  • 読み取った番号はテキストファイルに保存し、Eggの蔵書点検で読み込んでデータベースへ反映させることができます。

◆動作条件

バージョン 3.1以降のAndroidにはUSBキーボードやマウスを接続して使用するための「USBホスト機能」があります。
この機能に対応した機種であれば、「USBホストケーブル」という専用ケーブルを使用して、普段使用しているUSBバーコードリーダーを接続して読み取りが行えます。

▲ページ先頭へ

FeliCaによる貸出 (バージョン 3.3)

Suicaやおサイフケータイで使用されているICカード「FeliCa(フェリカ)」を利用者情報に登録することで、貸出・予約の際に利用者カードの代わりとして使用することができます。

◆動作条件

FeliCaを読み取るためには、SONY製の非接触ICカードリーダー/ライター  「PaSoRi(パソリ)」が必要です。PaSoRiはパソコンを扱っている家電量販店や、ネット販売で購入できます。

一部のパソコンにはFeilCaのリーダー/ライター機能を内蔵した機種があります。(FeliCaポート搭載パソコン)

▲ページ先頭へ

国立国会図書館サーチAPIへ対応 (バージョン 3.22)

国立国会図書館の新しいサービス「国立国会図書館サーチ(NDL サーチ)」に対応いたしました。
NDLサーチのAPI(外部アプリケーションから使用するためのインタフェース)を使用して、国立国会図書館の蔵書データを検索し、書誌情報をEggに取り込むことが可能です。

◆動作条件
  • Windows98/Meでは使用できません。
  • インターネットへの接続環境が必要です。
  • ご利用環境によっては、MSXML4.0 (Microsoft XML Core Services)のインストールが必要になります。(マイクロソフト社のサイトよりダウンロードできます。)

NDLサーチからのMARC抽出
受入の編集画面を開いてISBNを入力するか、[MARC検索]を実行すると、対象MARCに「NDLサーチ」が表示されISBN・MARC-NO・タイトルなどによりMARCデータの検索・取り込みを行なえます。

>>デモムービーを見る


 
▲ページ先頭へ

TOOLi/TOOLi-Sへ対応 (version 3.2)

(株)図書館流通センター(TRC)より提供されている、「TOOLi」、「TOOLi-S」のパッケージ連携機能に対応しました。
インターネットを使用してTOOLiへ接続し、TRCDと同様に直接MARCデータを取り込めます。また、配信された納品MARCをチェックし、ダウンロードすることが出来ます。


◆動作条件
  • Windows98/Meでは使用できません。
  • TOOLiまたはTOOLi-Sのお申し込みが必要です。
    EggのMARC抽出で使用する場合は、TOOLi側で「パッケージ連携機能」が使用できるように、TRCにお申し込みください。
  • インターネットへの接続環境が必要です。
  • ご利用環境によっては、MSXML4.0 (Microsoft XML Core Services)のインストールが必要になります。(マイクロソフト社のサイトよりダウンロードできます。)

TOOLiからのMARC抽出
受入の編集画面を開いて[MARC検索]を実行すると、対象MARCに「TOOLi」または「TOOLi-S」が表示され、ISBN・MARC-NO・タイトルで、MARCデータの検索・取り込みを行なえます。



MARCデリバリ
TOOLiより配信される納品MARCデータをダウンロードします。
設定により、受入画面を開いたときに最新MARCのチェックを行なうこともできます。

▲ページ先頭へ

Egg version 3.1で追加された機能
  • 貸出で、資料を読み取り後も氏名を表示するオプションを追加しました。
    貸出実行するまで氏名が表示されるので、貸出のミスを防止できます。

  • 台帳編集に登録番号の変更機能を追加しました。
    印刷済みのバーコードラベルを使用している場合、同じ番号で貼り替えできないため、この機能で登録番号を変更できます。

  • 返却・貸出管理で、予約連絡票や督促状の敬称を、性別ごとに指定できるようになりました。
    小学校などで「様」では堅苦しいというときは、「くん」や「さん」に変更できます。 また、氏名の漢字が読めないときのために、氏名カナが出力されるようになりました。

    info_ver310_01.PNG

     
  • クラス替えの画面や操作方法をを刷新しました。
    卒業生に対して、除籍と卒業生用の区分設定を同時に行うことができます。
    新しいクラスと現在のクラスを同時に見ながら、クラス替えを行うことができます。 

    info_ver310_02.PNG

  • 名簿編集に区分の一括変更機能を追加しました。
  • 児童用カウンターで、予約資料が返却されたときのメッセージが、変更できるようになりました。
▲ページ先頭へ

Eggレポートツール (※オプションソフト Egg3専用)
定型帳票印刷用を行う「Eggレポートツール」をオプションソフトに追加しました。
Eggの図書台帳/利用者名簿/統計のデータを、予め用意された定型の帳票で出力します。
統計のグラフ出力や、PDF形式でのエクスポートなどが行えます。

印刷サンプル(PDF) 図書台帳 配架別不明リスト蔵書金額集計

動作環境:
・Windows2000/XP/Vistaで動作します。 98/Meでは使用できません。
・Egg3がインストールされている必要があります。
info_report_01.PNG info_report_02.PNG

▲ページ先頭へ


◆バージョン3で追加された機能
検索機能の向上
  • スペースなどの記号を除外して比較します。
  • ヴァ/バ、ヴィ/ビ、ヴ/ブ、ヴェ/ベ、ヴォ/ボ、ジ/ヂ、ズ/ヅを区別せずに検索します。
  • 1項目にスペース区切りで複数のキーワードを指定可能です。

Web-OPAC (※オプションソフト)

LANに接続された校内のコンピュータで、ウェブブラウザで資料の検索が行なえるようになります。

  • 本の表紙画像や、内容紹介付きの新着リストを表示できます。
  • 貸出の多い資料のランキングを、過去1ヶ月/3ヶ月/6ヶ月/今年度の範囲を指定して表示できます。
  • 休館日や行事など、図書館のスケジュールを表示できます。

 

news_webopac01_s.PNG news_webopac02_s.PNG
トップページ (拡大 新着一覧(拡大

※ サーバーとしては、IISが使用可能なWindowsをご使用ください。(※Web-OAPCの使用環境 )
※ オプションソフトは、Egg会員サポートへ登録することでダウンロードできます。購入1年目は無料で登録できます。

Egg会員専用ページよりダウンロード可能です。  DL_botton1.jpg
▲ページ先頭へ

検索条件の保存

図書台帳の検索条件を保存することができます。保存した検索条件はメニュー画面にアイコンで表示されます。
今年度に受け入れした資料、各教科ごとの資料など、頻繁に使用する条件を、すぐに呼び出せます。

news_bookadm.PNG

▲ページ先頭へ

行事や休館日の登録

休館日や行事などの簡単な予定の登録が行えます。
登録した内容は、カウンターやWeb−Opacの予定表で確認することが出来ます。
休館日に応じて、返却期限も自動的に変更されます。

news_schdl01_s.PNG

news_schdl02_s.PNG
カウンターでの予定表表示 (拡大)
Web-OPACの予定表 (拡大)
▲ページ先頭へ

その他の追加機能
◆蔵書点検
選択した配架場所のみ準備処理・完了処理を行えるようになりました。 また、点検中の資料を貸出・返却すると点検済になります。

◆利用者へのメッセージ(伝言)機能
貸出で表示されるメッセージを、一人の利用者に複数件の登録できます。各メッセージごとに表示期限や、確認後に消去などの条件が指定可能です。

◆貸出履歴の検索
日付や区分などにより、返却済みを含めた貸出履歴が検索できます。
検索結果に対して、利用者ごとの読書記録の印刷や、誤った貸出履歴の削除が行えます。

◆統計
分類別の集計で、「B:文庫」、「E:絵本」といったユーザ独自の分類が追加できます。

◆OPACのキーボード用検索メニュー

OPAC(利用者用検索プログラム)に、ご要望の多かったキーボード式検索メニューを加えました。設定で従来のマウス式かキーボード式のどちらかを選択していただけます。

▲ページ先頭へ

ホーム | 商品情報 | 出版情報 | 設備事例 | ダウンロード | リンク | 会社案内 | お問い合わせ サイトマップ | ご利用条件 | プライバシーポリシー
copyright(c) Kihara Corp. All Rights Reserved.