キハラ株式会社
出版案内
> ホーム > 出版案内
LISNについて
〜リスン〜
LISNは、館種を超えた現場の方々の積極的なアイデア、図書館と関連のある知識や環境などについて自由に取りまとめた図書館員のためのユニークな情報誌です。

■ 創刊 1974年10月
■ 編集・発行 キハラ株式会社 マーケティング部
■ メールアドレス lisn@kihara-lib.co.jp

LISN読者アンケートのお願い
平素はLISNをご購読いただきましてありがとうございます。
この度、より充実した誌面作りのために、雑誌・記事内容に関するご意見・ご要望を お聞きする読者アンケートを実施させていただくこととなりました。
なにとぞご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。


最新号のお知らせ
LISN次号のお知らせ
LISN173(秋)号は、特集:「未就学児のいる家族を応援する」です。0歳から5歳のお子さんたちと、もっともっと図書館を利用して欲しい、子育てパパにもママにも楽しんで欲しい。そんな思いを込めて特集します。まずは、昨今話題の幼児教育について、その歴史と現在をお茶の水女子大学大学院教授の小玉亮子氏より、「図書館にこんなヘルプがあったらいいな」について、石道尚子氏、水野琴海氏、野間口真裕氏にお伺いします。また神栖市立中央図書館で行われている赤ちゃんタイムの活動について神崎英一氏より、パパたちが活躍されるパパ‘S絵本プロジェクトについて代表の田中尚人氏、そして設備事例紹介を岩手県一関市立一関図書館の前館長の小野寺篤氏よりご紹介いただきます。
また、今号から2本の新連載が始まります。一つは、ベテランの方から送る若手図書館員へのメッセージ、第一回は日野町立図書館館長の高浪郁子氏です。図書館員のためのヘルスケアもご期待ください。
LISN173号 特集:「未就学児のいる家族を応援する」

・  小玉 亮子       
 幼児教育の歴史と現在
  (お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科 教授)

・  石道 尚子                          
 子育てを通じて気づいた「公共スペースでの過ごし方」と「図書館へのお願い」

・  野間口 真裕                          
 未就学児と図書館と私

・  水野 琴海                          
 幼児を連れての外出および図書館利用:困ったことと嬉しいこと
  (横浜国立大学附属図書館)

・  神崎 英一                          
 図書館の赤ちゃんタイム−茨城県神栖市立中央図書館
  (神栖市立中央図書館司書)

・  田中 尚人                          
 男性だからこその絵本タイム−パパ‘S絵本プロジェクト 15周年を迎えて
  (グランまま社/ パパ‘S絵本プロジェクト)

設備紹介
・  小野寺 篤        
 でかけよう ことばの海へ 知の森へ 
  (一関市立一関図書館 前館長)

新連載:ベテランの方から若手図書館員へのメッセージ
・  第1回 高浪 郁子
  (日野町立図書館 館長)
新連載:図書館員のためのヘルスケア

○ タイトルや内容は変更される場合がございます。発行日は9月20日頃予定です。
購読方法
LISNは原則として年間4回(3・6・9・12月)発行しております。購読およびバックナンバーのお申し込みの際は、申込フォーマットに記載の上、送信ください。購読登録料(年間500円)は前払い制です。
なお、まとめてのお支払いにつきましては、2年分まで承っております。

申込フォーム

■ 振替 00130-0-47242
■ 取引銀行

三菱東京UFJ銀行 神田支店(当)114736
みずほ銀行神田支店(当)4938
三井住友銀行神田支店(当)218601

■ 口座名義 キハラ株式会社

■ 購読登録料 年間500円(消費税込・送料込・前払い制)
※切手による送金も承っております。